Main Content

新着情報

2021年8月16日

依然としてコロナウイルスの影響は
人の暮らしを脅かしていますね。

日本に生まれ、日本で暮らす以上、
この国の方策「に頼るしかないのですが、
本当に頼りない。
どうするつもりなのか?
方策を待つ側としては、ただただ祈るように
この難局を生き抜ければと思うだけです。

このような中でも、
J-STAGEWORKSの「しばい塾」は、リモートで個人レッスンの稽古を重ねています。
個々のレベルアップを目指して、「ひとり芝居」が課題。
と同時に、zoomを使って、2人芝居、3人芝居、4人芝居の稽古もしています。
いずれ、コロナ禍が落ち着いたら「しばい塾」公演を行うので、お楽しみに。

さて、こちらの時間を調整しましたので、
リモート塾生を新たに受け付けられるようにいたしました
ご希望の方は、こちらまでご相談・ご連絡下さい。詳しくご相談させて頂きます。

「ダンス・レッスン」は、極少人数で稽古場にて行っています。
現在は、小川こういち先生による、基礎レッスン&ワークショップをおこなっていて
どなたでも参加可能です。
ダンスにチャレンジしたい人、自身の基礎力を確かめたい人、
これから「ミュージカル」に挑戦しようと思っている方は絶対に必要な基礎レッスンですので、
老若男女問わず、参加出来ますので、この機会に是非、チャレンジして下さい。


こちらもご希望の方は、こちらまでご相談・ご連絡下さい。
詳しくご相談させて頂きます。


さて、J-STAGEWORKSの活動ですが、
8月、君津BASEで「ショート・ストーリーひとり芝居 2nd」を作る計画をしていましたが、
コロナの状況、緊急事態宣言を踏まえて現在の所、自重しています。

暫くは6月に作った「ちょっと、ねえ!」をご覧下さい!
この状況で、皆さんの中に溜まってしまった鬱憤を
少しでも晴らして頂きたい!!

まだ、観ていない?
ならば、是非、「クスッ」として下さい。

せっかく時間があるんだから、芝居作りをすればいいとは思います。
そういうご意見も伺います。
ですが、今、この状況で客席を考えない芝居作りは出来ない。
では、何もしていないのか?
そんなことありませんよ。

私個人は、
何か継続して芝居のエネルギーを燃やし続けたいと思い
『日本劇作家協会』の会員になりました。
「よし!作品を提出!」と思ったら、期限には間に合わず・・・・
仕方なく、丁度、訳ありの戯曲を書く必要があったので、
二作品を書きました。
ただしこの作品は、J-STAGEWORKSとしては、発表できない作品。
継続して、書き続けます。

また、新たに参加した教会は、
『国際演劇協会日本センター』の会員にもなりました。
具体的な会員としての動きは何も出来ていませんが、画策して行きたいと思っています。

今ひとつの参加しているのは、
『一般社団法人日本劇場技術者連盟』
最新の裏方の勉強をするために加盟しています。

いずれにせよ、このコロナの状況が変わらないと
活発な活動は出来ないので、
一日も早くスッキリとした暮らしを取り戻したいものです。

潤いと刺激を与えられる演劇のある暮らしを
実現出来るように
活動を続けていきますので。


うちだ 潤一郎



稽古場便り

2021年6月  君津BASE で「ちょっと、ねえ!」を作りました。

2021年4月
ミニ・シアターにプロジェクターを設置、ホリゾントも吊りました。
ライブハウス風に舞台を設置。
       
2021年3月
映像制作ワークショップを実施。


2020年5月
倉庫を改良しミニ・シアター兼稽古場を作りました。
三密を避け、最小限のメンバーで作品を製作・稽古を行うようにいたしました。
7月からは、影像を製作し始めました。

7月  君津J-STAGEWORKS ミニ・シアターで「ビートル」を作りました。
10月 SPACE ALTAで、J-STAGEWORKS企画 「RUNNING」を作りました。
12月 SPACE ALTAで、J-STAGEWORKS企画 「真の姿のピーターパン」を作りました。

詳細は、下記の項目からお選びになって、ご覧下さい。

なお、公演動画は現在、無料配信です。是非、ご覧になって下さい。


次回製作作品

2021年8月、「真の姿のピーターパン」を書き直し再演予定。
詳細は、決まり次第このページでお知らせします。



 


作:小嶋 佳代子

フォルクスワーゲン、タイプ1。かつて母が大切に長年乗り続けた車を娘は取り上げ廃車した。だが、なぜだか娘は同じ車を見つけ買ってしまう。
ハンドルを握ると走馬灯のように母を思い出すのだ。

 

作:うちだ 潤一郎

とあるドッグランでイヌたちが飼い主の事を話し始める。飼い主の日常をイヌたちは観察していることご存じだろうか? 
だからイヌたちはあなたに時に寄り添い、時に机の下に避難しているのだということを。

 

作:うちだ 潤一郎

J.M.バリの書いた「ピーターパン」に込められた真実を明かしていく。舞台はケンジントン公園。ベンチに座る年老いたバリに秘書のシンシア・アスキスがインタヴューをする。次々に明かされるピーターパンに込められた物語。

 

 

《映像》

作:うちだ 潤一郎

平生の暮らしの中で起こるドラマは予期せずして始まり、そして終わるもの。そんなドラマ集。何気なく起こる日常のあれこれをお切り取り、ショート・ショート・ストーリーをひとり芝居で。少し嫌みで、面白おかしく。

 

公演をしたい方々・ワークショップ依頼もお気軽に相談して下さい

舞台裏の仕事もお気軽に相談して下さい

何も無くても芝居は出来る。されど、これだけは欲しいという舞台装置ってあるはず。そんな時、相談して下さい。定型パネルや箱馬、パンチカーペットなどはレンタルという方法もあります。まずは一度相談を。

今やIKEAやニトリで家具類は調達する方がベストかも知れない。でも待って!現代ではなく、昭和の芝居を作りたくなったらどうする? そんな昭和の玩具や小物、革トランクなどあります。まずは一度相談を。

小公演、若者の公演、とにかく芝居を作ってみようと意気込む役者たちの公演・・・・一切合切お任せを!夢を何とか実現しましょう。中学演劇・高校演劇にも力を貸します。まずは一度相談を。

倉庫内に作った2間間口、奥行き2間半の舞台です。真夏は稽古場としてお勧めしません。いい季節でどうしても稽古場が見つからないなら、君津で稽古をしてみませんか? まずは一度相談を。